住まいに対する考え方の変遷

住まいの問題というものについては、自分自身もこれまでの人生において、様々な変遷がありました。

Hot Entry
住まいに対する考え方の変遷

住まいに対する考え方の変遷

人にとって住まいというものは、人生における幸福感を大きく左右存在であるといえるでしょう。特に家族を持った場合には、周囲の環境が子供に与える影響についても無視が出来ません。もしも、劣悪な環境であった場合には、たとえ持ち家であっても、転居を考える必要があるのかもしれません。こうした面については、運的な要素が強いのかもしれませんが、多くの人々が持ち家を望む理由としては、健全な家庭環境を維持していると思われる、新築の住宅街を求められている事があげられるのかもしれません。

いずれにしても、かつてはこうした事態にも柔軟に対応出来る、賃貸住宅暮らしの方が住まいの理想だと思った時期もありましたが、現在では、中古でも良いので持家が望ましいと考えています。やはり、持家の方が、資産価値もありますし、いざとなれば他人に貸すという選択肢もとれるからです。その為には、高額な住宅ローンよりも、良質な中古住宅を選ぶ事で、早めのローン完済を目指したいところです。近年は、リフォーム技術も進歩しているので、新築同様に仕上げる事も可能であります。

それよりも、最小限のリフォームで我慢しておき、その分を貯蓄しておきたいところです。これにより、余裕ある生活が営めますので、全ての子供が独立してから、自分らの老後の住まいをじっくり検討しても面白いと思います。

Copyright (C)2018住まいに対する考え方の変遷.All rights reserved.