住まいに対する考え方の変遷

住まいを借りるか或いは買うか、ということが非常に難しい問題です。どちらにもメリットがあるからです。

Hot Entry
住まいに対する考え方の変遷

住まいを買うか借りるか

住まいを借りるか買うか、ということは常に議論されているものです。買えば固定資産はかかりますが、自分のものになりますし、借りれば固定費は家賃くらいしかないのです。このあたりが難しい問題であり、そして、色々とメリットがあり、デメリットもあるのです。ですから、よく考えて決める必要があります。どうしても悩んだ場合は、借りる、という選択肢のほうがお勧めできます。借りることのほうが基本的にはリスクが低いからです。しかし、最終的には買うほうが人気があります。つまりは、終の棲家にすることができるからです。これが目的で買う人が多く、日本では特に持ち家信仰があります。ですから、買うことを目標にして、借りている人が多いのは確かです。借りている人でもずっと借りることを想定している人もいます。

要するに自分のライフプランが大事なのです。現役のときは賃貸にして、それなりに歳をとったら家を買う、ということがある意味ではベストです。しかし、もう定住することがはっきりと決まっているのであれば、持ち家のほうがメリットはあります。簡単に引越しをすることができなくなりますが、それでも買うことには安心感があります。実は住まいを確保できている、ということはとても大きな安心があるのです。

Copyright (C)2018住まいに対する考え方の変遷.All rights reserved.